2016年1月27日水曜日

何を成すか、何を遺すか

冷静になってみると色々見失っていた。何を大切にすべきなのか。俺にとって大切なものは何か。言ってみると当たり前のことだけど俺はまず家族とその生活を大切にしなければならない。そしてその生活を維持するための仕事を大切にしなければならない。その次に俺自身がある。ここ数ヶ月完全にそれを見失っていた。
落ち着いてここ一週間ぐらい、仕事を優先的にこなすことができている。とても調子がいい。オンラインゲームに没頭することもないし彼女のことで気を揉むこともない。そうして気づいたことは退屈だということ。ただ生活を維持するだけというのはものすごく退屈。
漠然と思い続けていることは何かを成したいし、何かを遺せるなら遺したい。32のいい年したおじさんがよく恥ずかしげもなくこんなこと宣う事が出来るなと自分でも思う。まぁ思ってしまうのは仕方ない。俺は自分が目指すべき目標というのが見えていない。そういう目標が欲しい。それで何かを成せれば上等だし、遺す事ができるならいう事はない。この目標が見えない状態、これはまさしく無教養ゆえの束縛された状態、つまり自由じゃないということに他ならない。
さらに恥ずかしげもなく言えば人の役に立ちたい。ただし人気取りをしたいということではない。今、現在、この世の中で何が起きているのか分からない。誰がどういう問題でどう苦しんでいるのかそういうことに目を向けるべきなのか。その問題に対して俺が出来ることは何かということを考えてみたいとも思う。
仮に問題が見つかったとしてその解決策を導けるのは教養なんだろう。過去を学んでいる必要があるはず。エンジニアリングできないといけない。帰納的に解決策を見つけるには過去を学ばなければいけない。演繹的に解決策を導くには冷静で論理的な記号操作的な考え方・物事の整理の仕方を身につけなければいけないはず。
俺に出来ることはなんなのか。

2015年6月15日月曜日

ウメおばあ

俺の父方の祖母。
亡くなって7年くらい経つかと思ったが、俺が高校くらいの頃らしいのでもう十年余りも前の話になる。
俺は自分の姓がそんなに好きではなかった。
親父は世辞にも器の大きい人とは言えないし、父方の叔父叔母にもいい印象がないから。
だけど、おばあと同じ姓だと思うとなんか前向きな気持ちになれる。

おばあの葬式に俺は行かなかった。
あの頃の俺は今以上に腐ってた。あの頃の俺を殴り飛ばしたいと思う。一方であの頃の俺を殴ってもどうしようもなかったとも思う。それほど腐ってた。

おばあの葬式に行かなかったことは後悔している。おばあの葬式に行かなかったことで、少なくとも両親を傷つけたことは確かだ。その時は全くそんなこと考えもしなかった。
おばあの生前、おばあに何もしてやれなかったことについても後悔している。

いつだったかおばあがなくなって数年後、夢におばあを見た。
どういう夢だったか内容は覚えていないが、とっても優しい表情をしていたのは覚えている。おばあにはそんな印象しかない。

おばあの死後、姉が長女を出産し、俺が叔父となり両親が祖父母となって初めてその周辺の人の気持ちが理解できるようになった。おばあの愛を今になってひしひしと感じている。

そういや、伊江島行った時はいつもカメーカメー攻撃されてたな。ポーク、ゴーヤーチャンプルー、クーブイリチー、大根イリチー、中味汁、懐かしい。

2015年6月10日水曜日

昨夜の散歩

昨日の深夜散歩に出た。午前1時頃だったと思う。

俺は深夜の散歩が好きだ。
深夜は人がいない。車の通りも少ない。
真っ暗な道を歩いている時、闇に同化している感じが好きだ。

昨日の散歩は少し変わっていた。
普段通るその真っ暗な通りで、前方に腰を落としている男らしき姿を認識した。その手前15mあたりで気づいたと思う。気づいてすぐ「うわ、人いる。怖い、避けようかな」とためらいつつも歩を進めていた。そうためらっている間にその人影の3mあたりまで来た。
無意識に「こんばんは」とその男に声をかけていた。多分怖かったからだろう。向こうも同様に緊張していたに違いない。男は消え入るような声で「あぁ」と返した。返事をもらえたことで緊張は和らぎ、逆にこの男の状況に意識が向いた。

「大丈夫ですか?」
「大丈夫」
「ほんと?大丈夫?こんな時間に一人で座ってるけど?こんなところで」
「大丈夫」

このおじさんが困っていない訳がない。しかし二度の問いに「大丈夫」と返事するばかりで、「ほっといてくれ」という意思は伝わってきた。「あ、そう」とだけ言い残してそこから立ち去った。

仮にこのおじさんが俺の「大丈夫?」という問いかけに、ある程度の範囲で自身の状況を説明してくれたらどうだったろうか。少なくとも財布にあるお札の全て(たかだか4千円程度)を渡すことぐらいは出来ただろう。いや、逆に言うと、ものすごく重い内容の事情を聞かされたとして、俺にできることはそのたかだか4千円を渡して「なんくるないさあ」ということぐらいだった。
あるいは、その男が自暴自棄になっていたとしたらどうか。正直そこまで考えはまわらなかった。想像力が足りない。今にして思えば迂闊すぎる行動だった。だけど、そのことが頭によぎったとしても立ち入られずにはいられなかっただろう。
今後、仮にこのような行動をとり、それが原因で破滅したとしてもそれはそれで面白いのではないか。いつかは必ず破滅することだろうし。

そのあと、缶コーヒーを買って歩きながら なぜ弱者男性は弱者女性より深刻に詰んでいるのか というエントリのことを思い出した。

あのおじさんには悪いけども、傲慢な俺にはあのおじさんが弱い存在であるように見えた。あのおじさんのことは何も知らないけど、あの状況を見る限りそう思えた。あのおじさんは俺自身であるとも思えた。そう遠くない未来の自分を視ているように思えた。だからあそこまで図々しくあのおじさんの領域に立ち入ろうとしたのだろう。
以前にも似たような状況はあった。その時は若い女だったが、ただ単純に素通りした。理由はわからない。

2015年6月5日金曜日

Magic Online

7年ぶりくらいか。ここ四日くらいハマってた。
次の大型エキスパンション投入、つまりテーロスが落ちたあたりでスタンダード復帰を考えている。

コレクションに「スタンダード」でフィルターをかけると、『思考囲い』と黒緑のペインランドが浮上したので、残ってたチケット22枚でbotから黒、緑を中心にかき集めて中途半端なリアニメイトを作った。
Just Starting Out って Skill Level でしばらく遊んでいたのだけど、先攻 1 ターン目に『思考囲い』を撃ったら lamer と罵られたので Just for Fun にレベルアップした。(高価な多色土地とプレインズウォーカーばかりを並べるやつもいる中、俺はそれでも控えめな方だったと思っている。。)

2015年5月31日日曜日

漫画「惡の華」は押見修造先生による青春のお福分け

押見先生どうもありがとう。
なんか色々考えるきっかけをいただきました。
あと、三十路の引きこもりには眩しすぎました。

2015年4月30日木曜日

ひきこもり

あらためて自分のひきこもりに危機感を抱いた。

幽体離脱してるっていうと嘘だけど、だいたいこんな感じ。書いてるコードは95割お仕事コード。 いうなら在宅の社畜だけど、裁量労働という名の通り裁量もあるしおちんぎんもそれなりに貰っているので「在宅の社畜」という現状には納得してはいる。

引きこもりは今に始まった事ではないのに、なぜ今更その危機感をいだいてこんなことを書いているのか。 それは「数年ぶりにお仕事関係なく女性と会話をした」という事実が俺に危機感を認識させているのだと思う。上に示したツイートが昨日 TL に流れてきたというのもあるだろうが。

コードを書き始めるまえ、その部分部分の実装方針を考えるとき俺は散歩に出る。ゆっくり歩いて5分ほどの自販機に缶コーヒーを買いにいく。 散歩に出るとき一階まで降りるためにエレベーターを使うが、普段なら途中人が乗り合わせることなく一階にたどり着く。 しかし今日は違った。途中で若い女性が乗ってきた。 その女は上から降りてくるエレベーターに人が乗っていると思っていなかったようで、でかい図体の俺をみて「びっくりした」と驚いていた。 そして女はエレベーターのドアを閉じようとして、外部に異常事態を知らせるためのボタンを押していた。大きなブザー音が鳴り、また「びっくりした」と驚いていた。 可愛かった。超キュートだった。天使だった。

とりあえず何事もなかったようにスルーしていたが、女の方が照れ隠しか誤魔化しかそんな調子で話しかけてきた。 やはり可愛かった。超キュートだった。てんs(ry

というようなことがあって危機感を抱いたのだと思う。またそれを書き留めたいとも思った。かなり恥ずかしい話ではあるが。

2014年7月25日金曜日

だるい

なんか最近よくワケワカランくなってきてる。
思いつくこと列挙してみよう。

  • StandardFirmata テスト用のシールドづくり。今ブレッドボードに載せてる部品をArduino用ユニバーサル基板に移す。
  • Firmata チュートリアルの作成、 Qiita への投稿。
  • エレキギターのエフェクターを自作してみたい。まず弦を張り替えろ。それから006P電池買え。
  • USBデバイスが作りたい。
  • STM32 マイコンもしくは LPC マイコンの勉強。
  • 「私はJK」という、謎HHVM拡張の開発。

PHPカンファレンス関西の後、一週間くらいはごまかしがきいていた。どうにか手を動かしていた。だけど、ここ2,3週間気力が枯渇している気がする。
確かスピーカー募集の締め切りが4/15で、そこから当日6/28まで自分にしては珍しく突っ走ってたような気がする。気力の枯渇は多分そのせいなんだと思う、というか思いたい。
昨日は Gorilla の Windows での不具合を修正してバイナリをリリースした。やる気ない割には頑張ったと思う。 徐々に気力が戻ってきている、ということにしたい。

というか昨日わかったことだけど、 Gorilla のサイト、ディレクトリインデックス丸見えなのな。まぁいいや。