2014年1月30日木曜日

会社をサボろう。

通勤前の一般人に「会社サボって逆向き列車乗りませんか?」 テレ東の新番組がめちゃくちゃ楽しそう - ねとらぼ

2年くらい前まで3年間会社勤めしてたけど、月1とか月2とかでサボってました。
周りから白い目で見られるくらいで実害はありませんでした。
同僚に対しては迷惑はかけたと思うけど、会社に対しては申し訳ないとか思っていないです。こき使われてたんで、やってられっかって意思表示の意味もすこしあったな。

無断欠勤ではなくて、一応体調不良って言い訳はしてました。
実際、こころの健康は損なっていたのであながち全くの嘘というわけでもないです。
欠勤の連絡を入れることが処方箋だったな。

家を出て、会社近くの駅についてから連絡というパターンが多かった。
それからドトールで朝飯摂ってジュンク堂で本漁ってお昼前に弁当買って帰宅。そんな感じだった。

こんなことやっててクビになるんじゃないかとは思ってたけど、そうなったらそうなったで晴れ晴れとした気分になってただろうと思う。

実際、会社辞めると申し入れたのはその日の朝の思いつきだった。
いつもだったら単にサボって誤魔化していたところなんだろうけど、どうしようもなくて、部長に「やめる」って言ってたな。言い終えた後はまさに爽快。
後のことなんか知らねーよ。といえば悪者みたいだけど、いいじゃん悪者で。やめて後のことなんか考えるなんて会社やめる意味ないし。

今あらためて感じたけど、俺のこのいい加減さは小5の頃に読んだ「オレのゆうやけ」の影響だな。

Amazon.co.jp: オレのゆうやけ (フレーベル館の高学年童話): 高科 正信, 油野 誠一: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/457700903X

0 件のコメント:

コメントを投稿