2015年6月15日月曜日

ウメおばあ

俺の父方の祖母。
亡くなって7年くらい経つかと思ったが、俺が高校くらいの頃らしいのでもう十年余りも前の話になる。
俺は自分の姓がそんなに好きではなかった。
親父は世辞にも器の大きい人とは言えないし、父方の叔父叔母にもいい印象がないから。
だけど、おばあと同じ姓だと思うとなんか前向きな気持ちになれる。

おばあの葬式に俺は行かなかった。
あの頃の俺は今以上に腐ってた。あの頃の俺を殴り飛ばしたいと思う。一方であの頃の俺を殴ってもどうしようもなかったとも思う。それほど腐ってた。

おばあの葬式に行かなかったことは後悔している。おばあの葬式に行かなかったことで、少なくとも両親を傷つけたことは確かだ。その時は全くそんなこと考えもしなかった。
おばあの生前、おばあに何もしてやれなかったことについても後悔している。

いつだったかおばあがなくなって数年後、夢におばあを見た。
どういう夢だったか内容は覚えていないが、とっても優しい表情をしていたのは覚えている。おばあにはそんな印象しかない。

おばあの死後、姉が長女を出産し、俺が叔父となり両親が祖父母となって初めてその周辺の人の気持ちが理解できるようになった。おばあの愛を今になってひしひしと感じている。

そういや、伊江島行った時はいつもカメーカメー攻撃されてたな。ポーク、ゴーヤーチャンプルー、クーブイリチー、大根イリチー、中味汁、懐かしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿